前へ
次へ

遺品整理士と遺品査定士、違いについて解説!

昨今、遺品整理について調べられる方が増えました。
よく混同されがちな、遺品整理士と遺品査定士、両資格の違いについて迫ります!資格の特徴を簡単にまとめてみました。
●遺品整理士の職務は、遺族の意見を汲みながら、遺品の仕分け、清掃、不要品の適切な処分など、亡くなった方の代わりに身辺の整理をする事を業としています。
●遺品査定士は遺品を適正な価格で提示、買取る事を業としています。
買取りに際しては古物商許可など、別途資格が必要です。
上記を基にご説明しますと、遺品査定士は遺品整理士より買取りや査定に対する知識があり、古物商としての性格をもった資格です。
それに対して、遺品整理士は遺品の買取りだけではなく清掃や不用品の適切な処分まで、遺品整理全般に対する知識をもった資格です。
簡単に違いをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?間違われやすい資格ですが、その違いを良く知って、遺品整理の参考にお役立てください。

Page Top